Cobra : Fall of the Reptilian Empire
http://2012portal.blogspot.jp/

私たちはレプティリアン帝国の終焉前の最後の段階にあります。地球表面のエーテルプレーンとアストラールプレーン上のアルコン支配下のレプティリアン帝国、及び地球表面の物理的プレーン上の黒貴族に導かれるカバールの金融奴隷化システムは、かつては銀河全体で恐れられていた、非常に長い間続いていた広大なオリオンの闇の帝国の最後の拠点です。

しかし、過去数十年の間での光の進歩が目覚しかったので、私たちは、このレプティリアン帝国をひざまずかせる最後の突破の寸前にあります。8月25日には、アルコンに敗北は近く、否定出来ないものであるという非常に明確な信号を送った、光の勢力の非常にうまくいった作戦が完了しました。このことが彼らをパニックに陥らせ、8月25日から10月7日までの間に、彼らは光の進歩を止められるあらゆる事を試みようとしています。これは、この惑星の解放に向けて働いている全ての人々の間に可能な限り多くの分割、混乱、闘争起こす最後の機会です。

この時間枠の間に、あなた方はインターネット上にあらゆる種類の非難、ひずみ、偽情報を生むことになるでしょう。全ての人は、内側の真実の、静かな、小さい声に耳を傾け、人々を審判せず、闘争に巻き込まれないようにするのが、私のお勧めです。アルコンは、エーテル及びアストラールプレーン上のレプティリアンの手下共に命令して、人々の弱点、疑惑、不安を攻め、可能な限り多くの摩擦を引き起こそうとするでしょう。

この時間枠の中で、第三次世界大戦と戒厳令に関する恐れが表面化するでしょう。カバールはこれらの事を起こそうとするプランを持っていますが、成功はしないでしょう。ポジティブなETと抵抗運動は平和を望み、第三次世界大戦や戒厳令の防止は、カバールの鍵となるメンバーに単純に圧力をかけることによって、彼らの力の範囲内にあります。

今日は9月9日です。ある人たちが恐れていたような”最後の時”が来るようなことはありません。その代わりに、この日は、大気を輝かせることが非常に必要なな光のポータルの日です。今日は、出来るだけ多くの人に光を強化するための週間解放瞑想に参加してほしいと思います。

9月15日から23日の間は最も重要な期間であり、2012年の二番目の天王星と冥王星の方形化の時であり、アルコンは出来る限り世界的な規模での暴力と闘争を繰り広げようとするでしょう。この天王星と冥王星の方形は、天王星が転回する一日後に起こるので、6月のそれよりも強力です。

これが、光の勝利の前のアルコンの最後の機会です。前回の寄稿で言ったように、この天王星と冥王星の方形が起きる問題の期間における対処法を申し上げます。

「次の数日間でのイベントの如何にかかわらず、静かにし、注意をしていて下さい。アルコンとその手下たちはあなた方を妨害しようとするでしょう。当然、人間に怒り、恐怖、疑惑、短気を感じさせる
ようにするでしょう。しかしそれに反応しないようにしてください。ただ静かにし、彼らの情動を観察してください。数回呼吸をし、好きな歌を口ずさみ、それからどのように行動するか決めてください。

物理的な、暴動、暴力革命、又は口頭での暴力にはかかわらないで下さい。暴力は問題の解決にはなりません。明確に計画され、集中した行動のみが効果的です。

美、自然、瞑想に集中してください。自分の内側に静けさを求めてください。行動が必要な時には、静けさから始めてください。」
10月7日の前には数十億のレプティリアンがアストラール及びエーテルプレーンから光の勢力によって排除されるでしょう。これは非常に不安定な時期で、アルコンの行動によって多くの負傷者が出る可能性につながるので、事を起こすのは賢明ではなく、イベントは起きないでしょう。その後、10月7日以降には、より多くの光が入来し、イベントについての情報をもっとたくさん公開できるようになるでしょう

戻る2012年のシナリオ 

Dejar respuesta

Please enter your comment!
Please enter your name here